『FRIDAY』

画像講談社『FRIDAY』最新号。

国会でのSMバー「汚らわしい」発言に対する私イライザ・ロイヤルのコメントが掲載されています。

チェックしてみてね!

『FRIDAY』、伝説のヘアヌードなる袋とじカラーページでの、辺見マリが首と乳に大蛇を巻き付けている写真集の表紙に衝撃を受け、その中身が見たくて思わず身悶えてしまいました。

ココには載っていませんでしたが、貝満ひとみのワニ然り、大蛇やワニと絡んでこそ、一人前のヌード作品が完成するので(今、思い付きで書いています)、私も精進したいと思います。

まぁ、とにかくヨロシクです。

10/31(金)fever タイムテーブル

10/31(金)『BACK FROM THE GRAVE HALLOWEENBALL』at新代田FEVER

タイムテーブルが届いたので取り急ぎアップ。

イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチの出演は24:40からです。

どうぞ、ドレスアップして遊びにいらしてくださいね。
我々はハロウィン特別仕様でパーティに参戦します。

画像
HTML>

『TRASH-UP Vol.20』発売中!

トラッシュ・カルチャー・マガジン 『TRASH-UP Vol.20』発売中!

特集は『ゼロからはじめるホラー映画入門』。

私は一番後ろのページでSMコラムを連載しています。
プレイに関する事を書きつつも、最近はもっぱら死生観について。

毎号、自分の文章とともに写真も掲載しているのですが、今回の写真は豪華版なのです!

アートディレクションは現代美術家のイルコモンズさん、撮影は三島タカユキさん。
ゴスい私が一本鞭片手に佇んでおります。

チェックしてみてね!

TRASH-UPは全国の書店でお取り寄せ可能です。
もちろんamazonも。

詳しくはTRASH-UPのウェブサイトでどうぞ。

http://www.trash-up.com/画像

HALLOWEEN BALL 2014 at 新代田FEVER

イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ出演予定のハロウィン・パーティの詳細が届きました。

…って、この出演者数、ホントに『till dawn』で終わるのかしら、笑。
終わらなければ、翌日のランチをFEVER内のカフェで食べよう。
ロックンロールのパーティは楽しいから、終わらなくて良いわ。

我々は10/31(金)23:30以降、深夜の出演になります。
メンバー全員、初お披露目の衣装ですので、どうぞお楽しみに。

年に一度のお祭り。
オーディエンス皆様も、ドレスアップして遊びにいらしてね。

物販ブース、広げられないかも。
新作物販で出したいものもあるし、フロアで私かメンバーに直接お声がけいただければ、お手にとってお選びいただけるようにしたいと思います。

以下、詳細です。

前売りチケットお取り置きご希望のかたは、
twitterアカウントの 
@erieza_royal

もしくは、ecodamned_666@yahoo.co.jp

までご一報ください。

facebookのイベントオフィシャルページからもご予約いただけます。

https://www.facebook.com/events/548790581889794/?ref_dashboard_filter=upcoming



BACK FROM THE GRAVE PRESENTS

" HALLOWEEN BALL 2014 "

10/30 to 11/1 3days PARTY

at shindaitaFEVER



★FRIDAY 31TH. OCTOBER

THE SWINGIN' NECKBREAKERS ( FROM TRENTON NEW JERSEY )

ROCKET TO MEMPHIS (FROM PERTH AUSTRALLIA ) with THE BEEHIVES

ABJECTS (FROM LONDON UK)

JACKIE & THE CEDRICS

TEXACO LEATHERMAN

THE GREAT MONGOOSE

GASOLINE

SATURNS

TOKYO CRAMPS

LOS RIZLAZ

GOGGLE-A

YOUNG PARISIAN

VIVIAN BOYS

SIX

THEEE BAT

Noise A Go Go's

イライザロイヤル & ザ・総括リンチ

macrochord

THE SWAMPS

STOMPIN' RIFFRAFFS

DREXEL

THE PRINGLES

BOBBY'S BAR

KOZOONY & THE RHYTHM KINGS

THE LEATHER GIRLS

THE 傷

ザ・ハイマーツ

TOKO BLACK

THE FADEAWAYS

MELViNS



Burlesque :

Coco Lectric (from Austin TX USA)



DJ:

Jimmy Mashiko

Mr.DEATH

Daddy-O-Nov

GO FROM TOKYO

Wild OX(EROSTIKA)

Nemoto de Chobeaullet

Ryo The Dynamite



OPEN/START : 17:00 TILL DAWN (ALL NIGHT)

ADMISSION FEES

10/31 & 11/1 ADV 3.500YEN (+D) DOOR 4.000 (+D)

2DAYS ADV 6,000YEN

VENUE shindaita FEVER

Back From The Grave Presents HALLOWEEN BALL 2014

イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチのライヴのお知らせ。

ハロウィンのデカいパーティに出演させていただきます。
バック・フロム・ザ・グレイヴです。

我々の出演は10/31(金)の深夜(タイムテーブルは未定ですが、確実に23:30以降)になります。

新代田FEVERでお待ちしてます。

ハロウィンですよ!ハロウィン!!
この日の為に、メンバー全員で頭のテッペンから爪先まで衣装を新調します。
年に一度のハレ日にドレスアップしなきゃ、生きてる意味がない。

オーディエンス皆様も目一杯着飾って遊びにいらしてくださいね。

以下、イベント詳細です。





Back From The Grave Presents HALLOWEEN BALL 2014

10/30 to 11/1 3DAYS PARTY!

at FEVER (Shindaita,TOKYO)

[ALL DAY OPEN/START]
T.B.A.

[ADMISSION FEES]
10/30 T.B.A.
10/31 & 11/1 ADV:3500YEN(+1DRINK/500YEN) DOOR:4000YEN(+1DRINK/500YEN)
2DAYS ADV:6,000YEN


[THURSDAY 30th OCTOBER]
PRE OPENING PARTY (NOW PLANNING)


[FRIDAY 31th OCTOBER]
THE SWINGIN' NECKBREAKERS (from TRENTON, NEW JERSEY)
ROCKET TO MEMPHIS (from PERTH, AUSTRALLIA) with THE BEEHIVES
JACKIE & THE CEDRICS
TEXACO LEATHERMAN
THE GREAT MONGOOSE
GASOLINE
SATURNS
TOKYO CRAMPS
LOS RIZLAZ
GOGGLE-A
VIVIAN BOYS
six
THEEE BAT
Noise A Go Go's
イライザロイヤル&ザ・総括リンチ
macrochord
THE SWAMPS!
STOMPIN' RIFFRAFFS
THE DREXEL
THE PRINGLES
Kozoony & Rhythm King
BOBBY'S BAR
THE LEATHER GIRLS
THE 傷
ザ・ハイマーツ
and more!

and Dee-Jay's


[SATURDAY 1st NOVENBER]
THE SWINGIN' NECKBREAKERS (from TRENTON, NEW JERSEY)
Black Mekon (from BIRMINGHAM, UK)
GUITAR WOLF
JET BOYS
FIRESTARTER with FINK (The Raydios)
SUPERSNAZZ
The TITANS
RANGSTEEN
環七スピードキャッツ
THE LET'S GO's
THE VOLUME OUT!
SUNSETT
HATEMAN
and more!

and Dee-Jay's


Swingin Neckbreakers
https://www.facebook.com/SwinginNeckbreakers

ROCKET TO MEMPHIS
https://www.facebook.com/rockettomemphis

The Beehives (60s Go Go Dancers)
http://www.beehivesgogo.com/default.html

Black Mekon
https://www.facebook.com/blackmekon


[Back From The Grave - Returns Facebook Page]
https://www.facebook.com/pages/Back-From-The-Grave-Returns/482586615140020?ref=hl


[FEVER]
1F Shindaita-Building 1-1-14 2-27-4 Hanegi, Setagaya-ku, Tokyo JAPAN
TEL.03-6304-7899
http://www.fever-popo.com/

『followup vol.138』

画像ディスクユニオン発行冊子『follow-up vol.138』、無料配布中です。

私の連載コーナーでは、10/11(土)より新宿シネマカリテで公開されるアラン・クラーク監督『SCUM/スカム』(79年イギリス)という映画について書かせていただいてます。

英国パンク好きにはぜひ観ていただきたい映画です。
コチラで予告編が観られます。

http://www.youtube.com/watch?v=AFGuIeNTAEU

follow-upはディスクユニオン各店、ライヴハウス、リハスタ、パンクショップなどなどで無料配布しているので、ぜひ読んでね!

『TRASH-UP Vol.19』SMコラム連載

画像トラッシュ・カルチャー・マガジン『TRASH-UP Vol.19』(1500円)絶賛発売中です。

私はSMに関するコラムを連載しています。
今回は、宗教とSMについて、自分自身の体験をもとに書きました。
裏表紙をめくって次くらいの、うしろのほうのページです。

今号の特集は『90年代トラッシュ・ムービーガイド』ということで、ああ、懐かしい!当時観まくった映画がたくさん載っていて、記憶が走馬灯のように…。

ん?ん?

やっぱりどう思い出しても、映画館でデートといった甘い記憶が皆無に等しい。

ブルース・ラ・ブルース作品は大好きだけど、その愛を語り倒せる相手に出会ったことが無い。
無理くりアート枠に入ろうとしてるけど、下衆ホモ性欲がダダ漏れしちゃってるトコが最高に愛おしい。

あ、ラス・メイヤーはデートで行ったわ!deep(ギャラリー兼イベントスペースみたいなトコ)がまだ渋谷じゃなくて乃木坂にあった頃。まだ輸入盤VHSしかなくて、字幕も付いていない頃に。上映会ね。


と、特集記事を読みながらひとりノスタルジーに浸ってみたり。

その他、ファスビンダー特集や、ドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』の監督インタビューなど、読みどころ満載です。

トラッシュ・アップの好きなところは、映画を娯楽として捉えているところ。
ゴミをゴミとしてきちんと認識し、アカデミックにしないところ。

トラッシュ・カルチャー・マガジンの看板に偽りなし。

バーコードがついている雑誌なので、普通に書店で入手いただけます。
ご近所になければ、注文し取り寄せもできます。

どうぞよろしくね!

http://www.trash-up.com/

『Follow-up』vol.137

画像『Follow-up』vol.137、ディスクユニオン各店、リハスタ、パンクショップ、ライヴハウス、各CDショップなどなどで無料配布中です。

今回の連載ページでは、昨秋、私の身におきた強姦未遂事件~事件後のあれこれに関して書きました。

ただ普通に生活を送っているだけで、人は突然犯罪に巻き込まれます。
特に具体的な解決策などは書けず、ただ事件の顛末と私の心情を綴ったものなので、自己防衛の参考にはならない内容ですが、ぜひさまざまな方に読んで欲しいです。

どうぞよろしくね。

8/23(土)イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチのライヴ

8/23(土)はイライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチのライヴです。

一日二回公演です。我々としては実に珍しい。

・一本目はat新宿御苑メリーゴーランド
http://merry-g-r.com/news/442/

『新宿御苑・病気宣言!』というイベントで

20:00~の出演です。

・二本目はat新大久保アースダム
http://www1.odn.ne.jp/~cfs81480/index.html/dom.html

『バックフロム番外編 夏だ!ビキニだ!ガールズバンド』

21:20~の出演です。

対バンなど詳細は下記アドレスをチェックしていただければ。

http://ecodamned.at.webry.info/201408/article_2.html
http://ecodamned.at.webry.info/201408/article_1.html

どうぞよろしくね!

イライザ出演『シュトルム・ウント・ドランクッ』劇場公開中

画像山田勇男監督最新作『シュトルム・ウント・ドランクッ』に私イライザが娼婦役でちょっぴり出演しています。

大正時代の大杉栄およびギロチン社周辺のおはなしです。
フライヤーは宇野亜喜良先生。素敵~。

娼館の娼婦役は、女優なら一度はやってみたい役ですよね!!
(いつから女優になったのやら)
が、しかし問題が。

シースルーのベビードール(そう、和装では無く、ハイカラな舶来モノを身に纏うアバズレなのです。スッケスケなので、パイオツ・ポロリ。)で気だるく客待ちをする自分の姿を試写会のスクリーンで観た瞬間に思ったことが。
『大正時代の女とは思えないガタイの良さ!』

ハイ、現実の生活では食事と筋トレが趣味なので、ああ、なんとまあタフなヴィジュアル。
娼婦というよりも、ビアンのアニキといったポジションのほうがフィットするかもしれません。

オフィシャルサイトで予告編が観られます。
どうぞチェックしてみてね!

渋谷ユーロスペースで上映中です。

『シュトルム・ウント・ドランクッ』オフィシャルサイト
http://sturm-und-drang13.net/

ユーロスペース
http://www.eurospace.co.jp/

『All The Young Punks - Vol 3 』発売!

画像日本でも発売された『CRASS』評伝の著者、ジョージ・バーガーさんの最新作『All The Young Punks - Vol 3 』 by George Berger がついに発売されました。

まだ英語版のみなのですが、AMAZONで購入可能ですので、どうぞよろしくね。

私が受けた取材内容は、パンクを聴きはじめた~パンクスになったきっかけ、ベスト7inch EP(しかもB面に限る、とな)、などなど、いろいろ答えさせていただきました。

パンクNOW&THENな写真を送ってくれとの事だったので、NOWはキャットスーツを着、仏頂面でポージングする私、THENはガールスクールTシャツで仏頂面の私、そんな2枚を用意したところ、仏頂面のガールスクール・ガールな20年前の私がその本の表紙になってしまったのです。

生まれる時代が遅かったので、自分の作った曲が『Bullshit detector』シリーズ(CRASSレコードのコンピ)に収録される事は無かったけど、なんとなーく少しだけ近いところに行けたような気がします。

今回は、友人知人にたくさん協力してもらいました。
ちょっと怪しいかなァ…と思う英文の添削をお願いしたり、紙焼きの古い写真をスキャンしトリミングしてもらったり。
そうそう、ジョージさんに私を紹介してくれたのは、英国某アナーコパンクバンドのメンバーなのです。
皆様、ありがとうございました。多謝。

以下、『All The Young Punks - Vol 3 』のアマゾンサイトです。

http://www.amazon.co.uk/All-The-Young-Punks-Vol/dp/150076048X

ビキニまつり

8/23(土)のバックフロム、ビキニまつりか。

私、ビキニってまだ持っていたかしら。。。?
今や、泳ぐための海は沖縄にしか行かないので、いつもラッシュガードかウエットスーツ姿なのよ。

下着にするか。

ライヴハウスは大体エアコンが効きまくりだから羽織りモノも忘れずに。
あ、ランジェリーの上に毛皮って、まんま叶姉妹がやってたわ。
あれ?プラズマティックスのウエンディもやっていたような。ほら、たしかレミーと一緒にいる写真で。

でも結局、新宿御苑メリーゴーランド→新大久保アースダムの移動を考えると、一日じゅう同じドレスにしちゃうかもなァ。

あ、久々にポストカードの物販(バンドではなく、私のソロ作品です)持参しよう。
1枚200円で、5枚セットだと激レアなオマケつき。

どうぞよろしくね!

8/23(土)ライヴ詳細 1

画像イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチのライヴ予定です。

8/23(土)at新宿御苑メリーゴーランド

2ドリンク込で2000円です。

イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ のライヴがあります。
共演&タイムテーブルは以下になります。

17:30 OPEN
①18:00~アナベル・リー
②18:40~ poligonum
③19:20~嬲
④20:00~イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ
⑤20:40~デッドバンビーズ
⑥21:20~ PAPAPA

メリーゴーランドのウェブサイトはコチラ。
http://merry-g-r.com/news/442/

どうぞよろしくね!

8/23(土)ライヴ詳細

画像
8月23日土曜日

新大久保 EARTHDOM

Saturday 23th. AUGAST 2014

バックフロム番外編

夏だ!ビキニだ!ガールズバンド祭り!

"BEACH GIRLS and the MONSTER"

starring…..

LEATHER GIRLS

VILLAINZ

イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ

THEEE BAT

melvins

Petersfield

モヒカンプリンセス

DJ :

Daddy-O-Nov

mina (TOO MUCI.XXX)

and more...

VENUE SHIN-OKUBO EARTHDOM

info…03-3205-4469

OPEN/START 18:00

ATD 1700YEN (+D)

我々イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチの出演は21:30以降の予定です。
どうぞよろしくね!

同日、新宿御苑メリーゴーランドで20時からライヴなので、ソチラからのハシゴも大歓迎よ!
一日に二回ライヴだなんて、アガるわね。

数年越しの穴奴隷情報

少し前にC.F.D.L.のヴォーカリストのたけしさんからいただいた情報を。

私が1997~2004年の間にやっていた穴奴隷というバンドに関するあれこれを英国人のパンクスがブログで記事にしてくれていたそう。
コチラがそのアドレス。

http://agzdaredz.blogspot.co.uk/2012/12/anadorei.html?m=1

あの頃、electro hippiesの『Am I punk yet?』のカヴァーをプレイしたりしていて(ああ、ちゃんと小指を使って一弦を弾くギターソロなんて、一生であの時だけだったわ…。ほら、冒頭のあのギターよ。)、そうそう、いろいろ思い出すなァ。NAPALM DEATHのカヴァーもやったりしていたの。

あらまぁ、すごい情報が。
私のカヴァーを聴いたヒッピーズのメンバーが「気に入った」との事。

あとは、また別の英国人パンクスが穴奴隷の7inch EPを「ニック・ブレン(ナパームデスのオリジナルメンバー)と一緒に聴いてるよ~」なんてfacebookでメッセージをくれたり。

※facebookの登録はしたのですが、あまり塩梅が良くないので滅多に見ていません、あしからず。

ちなみに、上記ブログでアップされている写真の中に、タワーレコードのフリーペーパーの表紙を飾らせていただいた時のものがあるのですが、パイオツポロリ(ポロリというよりモロ出し)している自分が。

攻めてるわね、タワレコさん。

過去の自分を見ていたら、やっぱり攻めていかなきゃな、と、しみじみ。
パイオツに理論武装が備わったら最強だわ。
裸になるスターが大好きなのよ。
イギーポップとかミチロウさんとか。
カッコイイわ~~、と、自分でも裸になってみたら珍しがられたのでビックリしたのだけど、そうだ、私の性別は女だったんだ。そうか、女の裸は珍しいのかもなァ。なんて当時は面白がっていましたが、穴奴隷末期には急激に私のパイオツをめぐる環境に私自身が飽きてしまったのでした。

数か月前に七十年代の状況劇場のポスターを観る機会があり、李麗仙がポロリしている作品が死ぬほどモーレツに素晴らしく、やっぱり、アートワークに於けるパイオツのインパクトは絶大(スキャンダル云々の意ではなく、作品としての強さが増す)だと思うので、やっぱり芸や創作の場での裸は必要なんじゃないかしら。

肉体も脳味噌も気張り続けなきゃ。

『Follow-up』vol.136

画像ディスクユニオン発行冊子『Follow-up』vol.136、無料配布中です。

私はコラム連載をしています。
読んでね!

ディスクユニオン各店、ライヴハウス、リハスタなどなどでどうぞ。

写真集『キカカキョ』

画像雑誌『TRASH-UP!!』などでもご活躍されている写真家 小野口真央さんの作品集『キカカキョ』を送っていただきました。

アイドルやモデルなど、若くてかわいらしい女性(ああ、こういう場合にこそ『女の子』という表現が的確なのね)総勢14名の写真のまぶしいこと!

みなさん、ナチュラルだわ。
小野口さんとは今年の春先に『TRASH-UP!!』関係のパーティ会場ではじめてお会いしました。
ご本人も大変かわいらしいお嬢さんでした。

私自身は小野口さんと仕事をした事は無いのですが、機会があれば一度セッションさせていただきたいですね。
ナチュラルからほど遠い自分(被写体としては胸焼けレベルの威圧感を出してしまうクソババアなので)がどんな風に仕上がるのか想像がつかないので、面白そうだなァ、と。

ぜひ、チェックしてみてね。
販売店や、モデルさん情報などの詳細は以下のサイトでどうぞ。

http://sanji0ji.wix.com/3ji0ji

ナッツのクッキーを焼きました

画像アーモンド、クルミ、ピーカンナッツ、カシューナッツをローストしてからメイプルシロップでカラメリゼ。

それを乗せたクッキーを焼きました。

美味しい。

「売れば良いのに」なんてありがたいお言葉を時々頂戴しますが(お世辞でも嬉しいものです)、私の料理はコストがかかり過ぎて、商売には不向き。

なので、自分のオヤツにしたり、お友達への手土産といった感じですね。